2014年11月アーカイブ

専業主婦でも「急にお金が必要!」というときはあるものです。
毎月、限られて予算の中で家計のやり繰りをしていますので、出費が多く重なる月は、借入れが必要なこともあるはずです。
このようなときに多くの専業主婦は、キャッシングを利用しています。

ただし、専業主婦がキャッシングを利用する場合は、
 ・総量規制があること
 ・限度額は30万円程度までであること
などに注意する必要があります。

まず、専業主婦に限らず、キャッシングする場合は、総量規制について理解しておく必要があります。
総量規制は、貸金業法に決められている規則の1つですが、貸金業者による過剰な貸付をさせないためのものです。
具体的には、お金を借りようとしている人のローンの残高が年収の3分の1を超えてはいけないというものです。

専業主婦には、本人名義の収入がありませんので、事実上、総量規制対象のローンは利用できないことになります。

しかし、すべてのカードローンが総量規制対象ではありませんので、総量規制対象外の「銀行カードローン」の中からサービスを選べば大丈夫です。
すべての銀行カードローンに専業主婦が申し込めるわけではありませんが、バンクイックや三井住友銀行カードローンなどの利用できるサービスが選べると思います。

また、専業主婦への融資は、通常、30万円程度までに制限されていますので、1社への申込みは30万円以下の希望で出すようにしてください。
30万円を上回る希望のときは、複数社への同時申込みも検討しなければなりません。

このアーカイブについて

このページには、2014年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2015年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。